• 多彩なシーンで異なるファッション
  • 当サイト「多彩なシーンで異なるファッション」ではファッションに関する情報を多数お届けしています。
  • 革製のものや毛皮の物は殺生を連想

    トップページ
    お気に入りに追加

    革製のものや毛皮の物は殺生を連想

    だからと言ってストッキングを履かずに素足、または肌色など軽快色のストッキングをはいていくことは失礼になるのでしょう。冬になると寒夜ために上着を着ていくことも沢山でしょう。

    三回忌以降になると、服装は同じくワンピース・スーツ・アンサンブルなどを着用していくこととしますが、色は黒だけでなく濃紺や濃緑グレーなど地味な色であるならば大丈夫です。一周忌、もしくは初盆の頃までの法事に出席する際には喪服(ワンピース・スーツ・アンサンブルなど)を着用するそしたら問題ないです。

    自宅などで法事が行われている前にも玄関で事前に上着は脱ぐようにしよう。そうしてコートなどの上着を着用して行われた場合には会場に入る前に脱ぎます。

    法事に出席する際の服装は黒を基調としたスーツなどとある程度考えいるが、意外と迷っちゃってしまうのがストッキング。そのときは革製のものや毛皮の物は殺生を連想させるよう避けるのです。

    ただし、平服に関しましてはその人によりまして思い方が違いるので、心配な場合は施主の人に直接問い合わせるとよいでしょう。夏でも黒のストッキングをはいていくようにしましょう。

    法事の際の女性の服装は基礎的に黒を基調としたものを選びます。案内状に「平服でお越しください」と書いてる場合にもカジュアルな格好や派手な色の物は避け、紺やグレーなど地味な色のスーツなどが優良でしょう。

    ただ、夏の法事ともなると黒のストッキングはちょっと酷暑そのためね。男性は黒々靴下で十分ですけど、女性のストッキングはどんなものが好もしいのだろうか?やっぱりストッキングも服と同じように黒が望ましいでしょう。