• 多彩なシーンで異なるファッション
  • 当サイト「多彩なシーンで異なるファッション」ではファッションに関する情報を多数お届けしています。
  • 卒業式の基礎的なマナー

    トップページ
    お気に入りに追加

    卒業式の基礎的なマナー

    ブラウスがカラーの物なら白を持ってくるのがバランスよくするコツです。コサージュの色は、ブラウスが白ならカラーの物を。

    卒業式は、まだ肌寒い時期でしょう。ワンピースはもちろんのこと、ボトムはスカート、パンツでも格好ですよね。

    コートを一枚羽織っていくといいですよね。ネックレスなどをしない時は、襟元にフリルやボウタイ、ラインストーンをあしらったブラウスを着てみてはいかがでしょう。

    コートの色は、できるなら黒もしくは紺がベストです。卒業式の基礎的なマナーとしまして、定番の服装(ファッション)は、ブラックフォーマルなワンピースです。

    周りの母親たちも、ブラックフォーマルな方が莫大と思う。スカート丈は、短すぎず長すぎず、ひざ下丈がベストです。

    ただし、一歩間違えると喪服に見られてしまいましたとしてがちです。そうして、やっぱり上着の左胸にはコサージュを付けると、華やかさが増しますよね。

    ないそしたらナチュラルな色のコートでもいいでしょう。胸元にポイントを置くことで他の母親とは差をつけていこう。

    コートを持っていない時は、大判のストールなどを巻いて言いましても、おしゃれでスッキリと見えますよ。胸元に、ネックレスをする時は、フリルの分量をちょっと抑えめにしたブラウスやカットソーなどでスッキリ見せましょう。

    ジャケットの下に着る、ブラウスや小物でアレンジして、自分らしさや厳粛さと気品を漂わせましょう。パンツは、スリムやワイドよりストレート丈は、靴のかかとが半分ほど隠れるぐらいで、足が細く見える。